後期研修医

群馬大学後期専門研修プログラム
小児科サブスペシャリティ取得コース

小児科専門医取得後、個々の希望に合わせて小児科サブスペシャリティを選択し、さらなるキャリアアップを目指します。小児科各専門分野の専門医、さらには指導医を取得することが可能となります。また、臨床研究論文の作成や学位の取得を目指して、大学院への進学等も選択することができます。

対象者

初期研修終了し小児科を専攻する者

研修目標

  1. 日本小児科学会の専門医取得に向け、一次医療から三次医療まで幅広く小児科診療について研修すること
  2. 小児科専門医取得後、小児科サブスペシャリティ(新生児、呼吸器・アレルギー・感染免疫、血液・腫瘍、内分泌、精神、神経、循環器、腎臓、消化器等)を決定し、専門分野について研鑚を積むこと

研修期間

  • 初期臨床研修後、3年間。大学病院での研修以外に関連病院での研修を行います。
  • 1年次は地域でニ次医療を担う関連病院で急性疾患、救急疾患を中心に診療を行います。
  • 2年次は県内の三次医療を担う大学病院で高度な専門医療の診療を行い、小児科専門医取得に必要な論文執筆も進めます。
  • 3年次は再び関連病院で2年間の経験を活かして診療を行い、小児科専門医取得を目指します。

プログラムについて詳しく知りたい方は、群馬大学医学部附属病院臨床研修センターのホームページをご覧ください。

後期研修プログラム
http://c-center.dept.showa.gunma-u.ac.jp/senior03.html

群馬県医師確保修学研修資金貸与事業について

群馬県では、県内の病院において特に充実する必要のある診療科(小児科、産婦人科、外科、整形外科、救急科、麻酔科、総合診療科)に将来従事する意欲のある研修医又は大学院生に対して、研修又は修学に要する資金が貸与されます。
資金貸与後、一定期間、知事が定める県内の公立病院等で小児科医、産婦人科医、外科医、整形外科医、救急科医、麻酔科医又は総合診療科として勤務することにより、その返還が免除されます。詳しく知りたい方は、群馬県のホームページをご覧下さい。

群馬県の医師確保対策 → 群馬県医師確保修学研修資金貸与事業
https://www.pref.gunma.jp/02/d1010013.html

ページトップへ