教室沿革

1944年(昭和19年) 松村龍雄教授により、前橋医学専門学校に小児科学教室開講
1948年(昭和23年) 前橋医科大学設置、前橋医科大学附属病院と改称
1949年(昭和24年) 前橋医科大学は群馬大学医学部となり、群馬大学医学部附属病院と改称
松村龍雄群馬大学教授就任
1967年(昭和42年) 群馬大学医学部附属病院内に群馬県立養護学校前橋分校開校
1976年(昭和51年) 黒梅恭芳教授就任
1978年(昭和53年) 松島正視教授就任(昭和53年より半年間)
1986年(昭和61年) 無菌室開設
1987年(昭和62年) 新外来病棟落成
1992年(平成4年) 分娩部を改組し周産母子センター設置(NICU6床、GCU9床が稼働開始)
1994年(平成6年) 森川昭廣教授就任
2002年(平成14年) 北病棟落成 小児科病棟を「小児・成育医療センター」と称する
高密度無菌病室(BCR)3床稼働
2004年(平成16年) 群馬大学大学院医学系研究科小児生体防御学に変更
周産母子センター新生児室開設
2008年(平成20年) 荒川浩一教授就任
群馬大学大学院医学系研究科小児科学分野に変更
森川昭廣前教授、群馬大学名誉教授称号付与
2013年(平成25年) 東病棟落成、小児科医師室稼働

ページトップへ